大賀薬局

すべてのひとに心強い「マイ・ファーマシー」をめざして。

採用情報RECRUITMENT

STAFF INTERVIEW
社員インタビュー
記憶に残る薬剤師になること
Mariko Yoshiie

就実大学卒 平成26年入社 パートナー薬剤師
調剤薬局事業本部 浜の町病院前店
兼 採用チーム

やりがいを感じるときはどんなときですか?

私たちは患者様から『大賀さん』という風に親しみを込めて呼んでいただくことが多く、「大賀さんに相談しようと思って」「大賀さんでお薬をもらうと安心できる」と言っていただくことがあります。先日も、大賀さんに来ると、気持ちが明るくなって帰宅することができると言ってくださった患者様がおられました。それは、信頼していただけているのだなと嬉しく思うのと同時にその信頼を維持していかなくてはいけないな!と強く感じる瞬間です。その気持ちがスキルアップするための私のモチベーションとなっています。

あなたの仕事における目標を教えてください。

『記憶に残る薬剤師になること』患者様だけでなく、一緒に働いている仲間にとってもそういう存在になりたいと思っています。ご自宅に戻られて、薬を服用するときに自分のしたアドバイスを思い出して実践してくれたらいいな、次の来局の際に自分が以前話したことを覚えていてくれたらいいな、と思いながら患者様と同じ目線になってお話するように心がけています。一緒に働く仲間にとっては、現場のムードメーカーになりたいと思っています。伝説のパートナー薬剤師目指して日々精進です!

あなたの 「マイ・ライフ」 を教えてください。

好きなアーティストのライブのために県外に遠征したり、映画のロケ地を巡ったりというように外で活動的に過ごす日もあれば、一日中家にこもって漫画や小説を読んだり、DVDを観たりゲームをしたり、というようにインドアで過ごす日もあります。基本的にはひとつのことに熱中すると体力の限界まで楽しむ、というスタイルです。最近は体力の低下に伴い、後者の過ごし方が多くなりつつあります、が!両者の中間である(と思っている)ダーツに最近はまっており、マイダーツを購入しました。何事も形から、です。そう、仕事も遊びも。

後輩へのメッセージ

大賀薬局の魅力は『人』です。まずは店舗見学に来てください。店舗で活き活きと働く私たちを見てください。きっと「一緒に働くと楽しそうだな」と思っていただけると思います。もちろん楽しさだけではありませんよ。勉強会や研修制度も整っており、レベルアップ・スキルアップできるための環境が整っています。あとはあなたのやる気次第!!若手のころから活躍できるプロジェクトや事業推進部もあります。 詳しくは『大賀薬局』で検索!さあ、皆さんも『大賀さん』の一員になって、一緒に働きませんか?

一日の流れ
10:00:午前

一通りの家事を終えてから出社。朝礼には参加していないので、まずは連絡ノートの伝達事項を確認します。その後は、調剤・監査・投薬といった正社員の方と同じ業務を行います。

12:00:午後

採用チームのメンバーとしても活動しており、チームで運営している大賀薬局Twitterの人気記事についてデータを集積したり、新薬や珍しい症例について勉強したりしています。

16:00:退社後

病院や教育指導課主催の勉強会に参加することもありますが、基本的にはDVDを見ながら家事をして過ごしていることが多いです。夫の帰宅後は一緒にサスペンスドラマを観るのが日課です。