大賀薬局

すべてのひとに心強い「マイ・ファーマシー」をめざして。

採用情報RECRUITMENT

STAFF INTERVIEW
社員インタビュー
人の役に立つ仕事をする
Mariko Yagi

福岡大学卒 平成24年入社 薬剤師
調剤薬局事業本部 市民病院前店 店長
兼 医薬品管理課

やりがいを感じるときはどんなときですか?

ありきたりですが、患者様から「ありがとう」というお言葉をいただくと医療従事者としてやりがいを感じます。まだ店長業務は始めたばかりで、上司や同僚に助けられてばかりですが、その中でも相談を受けたり、目標を達成できたりした時は嬉しく思います。また、私は現在薬剤師・店舗業務に加え、調剤薬局事業本部の医薬品管理課の仕事をしています。ジェネリックの選定や薬剤情報等の全店配信・研修など会社全体に関わる仕事に携われた時は社会人としての成長とやりがいを感じ、モチベーションのアップにもつながります。

あなたの仕事における目標を教えてください。

私の仕事の上での目標は、「人の役に立つ仕事をする」ことです。薬剤師として、専門知識を活かして患者様の薬物治療をサポートすることはもちろん大切な業務です。ですが、これからの調剤薬局薬剤師は、患者様の身近な存在として、様々なことの相談相手になったり、健康的な生活をサポートしたりするような人材になっていかなければならないと思います。また、患者様だけと向き合うのではなく、一緒に働く会社の方ともコミュニケーションをとり、働きやすく社会貢献度の高い会社になるように尽力したいと考えています。

あなたの 「マイ・ライフ」 を教えてください。

フットワークは軽い方なので、お誘いがあるとどこにでも出かけます。連休を利用して旅行も行きます。大賀薬局はみんなで協力して休暇を取ることもできます。今までに台湾・カンボジア・イタリアなどに行きました。今年は温泉と海外旅行に1回は行きたいです。ただし、基本的にはゆっくりする時間がないと頑張れないタイプなので、お誘いがない場合は家でのんびり過ごしたり、お気に入りのカフェで読書をしたり、インドアもアウトドアもどちらも大好きです。

後輩へのメッセージ

大賀薬局には頑張りを認めてくれる上司、同じ目標に向かって働ける同僚がたくさんいます。社長をはじめ、温かい人が多い会社です。薬剤師数も多く、本社で働いている職種の異なる方々と関わる機会もああるため、様々なロールモデルが見つかり、刺激になります。自分らしい働き方が見つけられると思います。私自身も薬剤師業務に加え、調剤薬局事業本部の医薬品管理課の業務を行っており、店舗の一薬剤師ではできない仕事を経験しています。若手、ベテランに関係なく、やる気があればいろいろなチャンスを与えてくれる会社なので、ぜひ一緒に働きましょう。

一日の流れ
09:00:午前

朝礼を行い、スタッフみんなで店舗や薬の情報を共有します。朝礼はみんなで回し、一方的な指示のみにならないよう注意しています。その後は主に調剤・鑑査・投薬、患者様対応などの薬剤師業務を行います。

14:00:午後

薬歴を記入し、午前中同様薬剤師業務を継続します。患者様の来局数が落ち着いてきたら、店舗の運営・管理に関わる店長業務を並行して行います。時間を見つけて調剤薬局事業本部の医薬品管理課の仕事も行っています。

18:00:退社後

家でゆっくり過ごすことも好きですが、会議や勉強会がない時は、友人や職場の方と食事に行くこともあります。仕事の後の時間が充実すると翌日からの仕事も頑張れます。